福祉 人手不足について

日本における重要な問題の一つです。

近年、高齢化社会へと突き進んでいる日本では福祉の現場における人手不足が深刻化しています。
利用者は増加傾向であるのに、ケアする人が足りないという現状があるのです。
その理由として、過酷な労働でありながら、給料が安かったり、昼夜逆転の生活になるなど労働環境に問題があります。
このため、若い世代のなり手が少なく人手不足が叫ばれているのです。
このような状況を打開するためには労働環境の改善や給与面での配慮が必要になります。
今後、消費税を増税するなどして福祉における予算の確保を政府はしようと試みていますが、実際問題としてすでに人手不足の現場が多いため、緊急を要しているケースもあります。
日本はまだまだ欧米などに比べて福祉面では弱い社会といえるため、今後の早急な対応が求められます。
また、若い人材を確保するうえでも、インフラを整えたり環境を整えることを最優先に取り組んでもらいたいものです。
このまま足踏みをしていては、多くの高齢者が適切なサービスを受けることができない社会になっていくため、政府の対応が鍵になるのです。

Copyright© 福祉 人手不足 All Rights Reserved.