福祉 人手不足について

人手不足に危機感を持つこと

人手不足の仕事といえば、やはり福祉関連の仕事が頭に思い浮かびます。
これからの時代、本当にどの業界でも人手不足を実感するケースが増えてくると思いますが、それは時代の流れとして受け入れる覚悟が必要だと思います。
人工知能のロボットがそういった受け皿を解消するといわれたりしていますが、それに期待するよりも福祉だったら業界が一丸となって、労働者の賃金を引き上げる流れを作ったり、労働にクリーンなイメージをもつようにポジティブなイメージを広告として打ち出すことなどに非常に意味があると思いました。
小さいかもしれませんが、確実に一歩ずつ労働問題を解決していくことになると期待しています。
人手不足ということは、人手が足りないということなので、単純にその仕事をしたくなるようなモチベーションを上げる宣伝をするということが大事なのだと思います。
実際にそういった仕事をしている人に話を聞くと、イメージの悪さが先行していて、もっとこういった仕事にも良い面があると聞いたことがあるので、その辺りをクローズアップしてほしいものです。

Copyright© 福祉 人手不足 All Rights Reserved.